ストロボを見つめないで - ペットから心霊写真まで

自分で撮った写真や動画です。熱帯魚、猫、植物、雲が中心です。週1回、マビノギのメンテにあわせて木曜日に更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. -スポンサー広告-

ペーパードリップコーヒーの簡単な入れ方・あると便利な器具

最近コーヒーを入れるのが楽しくて、インスタントコーヒー(カップに入れて熱湯を注ぐだけ)よりも
ペーパードリップコーヒー(コーヒー豆をひいた粉に熱湯を注いでろ過する)のほうがおいしく、
部屋いっぱいに立ち込めるコーヒーの香りがとてもよいので、3時のおやつに入れています。

★用意するもの
・ドリッパー
 コーヒーフィルターをセットするのに使います。
・サーバー
 ドリッパーを上に乗せて、抽出されたコーヒーをたくわえるための容器です。
・コーヒー粉
 これがないとコーヒーができません。
・コーヒーフィルター
 コーヒー粉をろ過するのに必要です。
・いわゆるヤカン
 コーヒーを抽出する熱湯を注ぐための容器です。
・コーヒーカップ
 コーヒーを飲むための容器です。なんでもいいです。

★あると便利なもの
・コーヒーミル、グラインダー
 豆の状態のコーヒーをひいて粉にするための道具です。手動・電動などがあります。
・ケトル、ポット、ドリップサーバー
 いわゆるヤカンと同じ機能ですが、口が細く鋭く加工されており、
 熱湯を少量ずつ注ぐことができるようになっています。
・コーヒーストッカー
 コーヒー粉を保存するための密閉容器です。代用できるものもあると思います。

※用具については記事の最後で紹介します。

次に、ペーパードリップコーヒーの簡単な入れ方を解説します。


1. コーヒー粉を買ってきます。
 スーパーマーケットや喫茶店、コーヒー豆の専門店、通信販売などを利用して
 コーヒー豆をひいてにしたものを手に入れてください。インスタントコーヒーではありません。
 コーヒー粉は非常にデリケートな素材なので、密閉できる容器に入れて保存し、
 高温や湿気を避けて、早めに使用することが大切です。
 銘柄や焙煎の仕方などは好みで選び、お口に合ったものを見つけましょう。

2. コーヒーフィルターをドリッパーにセットします。
 コーヒーフィルターの取り付け方は、フィルターのパッケージに図で説明されていると思います。
 具体的にいうと、フィルターは接着剤を使わずに圧着した状態で売られているので、
 その部分を折り曲げて補強し、抽出中に外れてしまわないようにすることです。
 簡単ですので心配しなくても大丈夫です。

3. コーヒー粉をフィルターに入れます。
 約10gが1人分の目安です。2人なら20g、3人なら30gといった具合ですが、
 多人数の場合、やや少なめに入れるといいようです。
 粉を入れたら、ドリッパーを軽くゆすって安定させてください。

4. ドリッパーをサーバーの上に乗せます。
 コーヒー粉をこぼさないように気をつけて乗せてください。

5. 沸騰したお湯を少量かけてコーヒー粉を蒸らします
 お湯を一気に注ぐのではなく、少量を粉全体が湿る程度に静かにかけます。
 30秒から40秒ほど蒸らしてください。しばらく待つのがポイントです。

6. 人数分のお湯を数回に分けて注ぎます。
ペーパードリップコーヒー
 粉の中心の付近にだけ、「の」の字を描くように注いでください。
 ときどき「まんべんなく」お湯をかけてしまう人がいますが、これは禁物です。
 フィルターの周囲に付着した粉にかけると、あくや渋みが出てしまい、味が悪くなります。
 大切なのは静かに「ろ過」をすることですので、あまり波立たせないのがポイントです。

ペーパードリップコーヒー
 上手に入れると、このように粉がふくらんで泡が出てきます。

ペーパードリップコーヒー
 しばらくすると、お湯がろ過されて粉の中心付近が凹んできます。
 ここで泡がすべて消えるまで放置するとまずくなってしまうので、
 泡が消える前にお湯を注ぎ、人数分のコーヒーがサーバーにたまるようにします。

7. ドリッパーをサーバーから外します。
 ドリッパーに残っているお湯が完全に切れるまで待ってはいけません。
 最後まで抽出すると、やはり味が悪くなってしまうので、少し残っている状態で
 外してください。フィルターは使い捨てなので、再利用はできません。

8. サーバーからカップへ移して出来上がり。
 お疲れさまでした。
 熱湯を扱うので火傷に注意しながら、香りの立ち昇るコーヒーをカップに注ぎましょう。
 お好みで砂糖やミルクを入れて召し上がってください。


最後に、ペーパードリップコーヒーに用いる器具の紹介をします。





もっとも普及していると思われる2~4人用サイズのドリッパーです。
このサイズに適合したフィルターはスーパーなどで普通に売られているため、
お手ごろです。材質は頑丈なポリカーボネイト、透明なので中が見えます。
メーカーサイト


ドリッパーにセットするコーヒーフィルター、100枚入りです。
メーカーサイト


ドリッパーを乗せるサーバーです。
注ぎやすく、水の切れがとてもよい感じです。
耐熱ガラスのため電子レンジでも使用できます。


お湯を注ぐためのドリップポットです。
ステンレス製で直火やIHヒーターでの加熱が可能です。
給湯中にふたが外れる心配がなく、木製のハンドルもおしゃれです。
メーカーサイト


コーヒー豆をひくためのミルです。
これを使うと本格的なコーヒーを楽しめます。
豆をひくときの香りはまた格別です。
メーカーサイト


たまたまスーパーで売っていたコーヒー粉です。
メーカーサイト

※ここに示した品物は一例です。
 いろいろ探して選んでみてください。
  1. 2009/12/31(木) 17:09:31|
  2. -食■料理・グルメ-
  3. | トラックバック:0件
  4. | コメント:0件
<<フィアードの森の奥に眠るものは… | トップページ | 躍動的に見えるレッドテールキャット>>

コメントありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://2dim.blog99.fc2.com/tb.php/186-4741feb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー用)

プロフィール

みそ

Author : みそ
マビノギに夢中のaspirinはリアルでは救いようのない存在です。このブログは私の別の顔。もう一つのリアルハァンタジーライフです。このネコは、今は亡き「もっち」の幼いころの姿…。

カテゴリー

最近のエントリー

最新コメント

トラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

お気に入りに追加!

アクセスカウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。